×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宮代NOW きょうの1枚掲載記事一覧

2013年12月分

前月《==== 2013年12月 ====》次月

日付 タイトル 本   文
12月31日 今年の撮り納め カシラダカ 今年の撮り納めは「スズメ」にしようと思って、散歩に出かけた。と、木の枝か「チッ、チッ」という啼き声。見ればカシラダカ。カメラを向けても飛び立たない。ここまでポーズをとってくれるのなら・・と、今年の鳥納めにさせてもらった。
今年1年、宮代NOWにご声援いただきありがとうございました。良いお年をお迎えください。
12月30日 釣り人にウインクする(?)オオバン 宮代町・新しい村にある池にこのところオオバンの姿が見られるようになってきた。「釣り人ある池にオオバン」といわれるくらい、オオバンは釣り人好きのようだ。釣り餌がオオバンの好物なのか・・・。浅学の私には知る由もない。カメラを向けると、プイとそっぽを向いて、釣り人のいる方向に泳いでいく。
12月29日 裸の背比べ 木々が葉を落とし、冬空をバックにすっくと立っている姿は、まるで子どもたちが背比べをしているように見える。葉に覆われているときは、わずかな差はどうでもよかったが、裸になると、わずかな差にもむきになって背伸びして張り合っているようで、どことなくユーモラスに感じられた。
12月28日 年の瀬の風物詩スタート 宮代台団地 宮代町最大規模の住宅団地の宮代台団地に今年も、帰省客用の臨時駐車場が、28日オープンした。年明けの1月5日まで行われる。当初は、年始客の路上駐車を防止するために開設されたが、現在では、子どもや孫たちの帰省用の利用が中心となってきているようで、高度成長から超高齢化へと団地の時代の流れが感じられる一面も。
12月27日 スギ花粉少ない? 埼玉県は26日、来春のスギ花粉は例年の半分との「スギ雄花着生調査結果」をまとめ発表した。早速、散歩の途中、宮代町のスギの木をチェック。回った感じでは「木によってばらつきがあり、全面びっしりという状態よりはかなり少ない」というのが受けた印象。埼玉県の調査結果はこちら。
12月26日 イカルチドリ 冬の間、水量が少なくなって出来た古利根川の瀬に現れるイカルチドリ。カメラを向けるとじっとして動かない。でも、こっちがそ知らぬ顔をすると、様子を見ながら動き出す。この微妙な駆け引きが、鳥撮りの醍醐味だと思う。餌付けをしてカワセミを撮っているカメラマンに今日も出会ったが・・・。
12月25日 今年も出会えました「ケリ」 宮代町 埼玉県のレッドデータブック(2008年)によると越冬鳥としては絶滅IB類とされる希少種。宮代町ではここ数年、毎冬、1、2羽が確認されているが、今年もやってきたようだ。今冬はいまのところ1羽の確認のみ。
12月24日 新春の香 ロウバイ開花 あと1週間で2013年も終わり、初春を迎える。民家の庭先では、ソシンロウバイが花開き、初春の香りを漂わせ始めている。散歩の途中、甘い香に誘われてシャッターを押す。
12月23日 今季初出会いジョウビタキ♂ 今日の散歩でシャッターを押したのは5回だけ。シャッターを押したくなるような出来事が少なかった。こういう日もある。シャッターを押した5枚はすべてこのジョウビタキ。今季初出会いである。もう少し丁寧にとりたかったが、遠く離れて遊んでいたので、ピンボケ覚悟でシャッターを押したのが、これ。
12月22日 ゾウやカバにカボチャ ホワイトタイガーはユズ湯に・・ 東武動物公園 埼玉県宮代町の東武動物公園では冬至の22日、動物たちにユズ湯やカボチャのプレゼントを行った。カバやゾウは飼育員から贈られたカボチャを美味しそうにペロリとたいらげた。ホワイトタイガーには冬至のユズ湯とクリスマスの丸ごとチキン・馬肉のダブルのプレゼントが贈られたが、「風呂より飯」とばかりに、肉にかぶりついて、ユズ湯はカラスの行水より短くし、朝からユズ湯を用意した飼育員もちょっとがっかり。
12月21日 「感謝」の灯3000個が四季の丘に輝く 宮代町 「おかあさんありがとう」「おとうさんありがとう」21日、埼玉県宮代町のコミュニティセンター進修館の四季の丘は「感謝」のメッセージが書かれた3000個余のキャンドルが輝き、訪れた親子・友達等が、書かれた「感謝」を確認しながら、絆の心をかよわせ語らいのひと時を楽しんでいた。この「キャンドルナイト IN 進修館 2013」を企画したのは、特定非営利活動法人じりつ(本部:埼玉県宮代町)。「お互いを大切にして、共に生き、共に成長して、みんなが主役になれる地域社会をつくるきっかけになる」ことを目的に、毎年、夜が一番長くなる冬至のこの時期に開催している。町内の保育園、小中学校、大学、地域住民らが「感謝のメッセージ」を書いたローソクの入った紙コップに灯を点し、そのローソクの光の中で、語らい、思いをはせて、共に生きる温かさを感じて欲しいというもの。21日は午後5時、3000余個のキャンドルに灯が点され、家族連れや友達同士など多くのグループが訪れ、感謝のメッセージの発表やミニライブなどを聞きながら、ひとときを過ごしていた。こうした、四季の丘に負けじと、西の空には宵の明星が雲間をぬって、明るく輝いていた。
12月20日 埼玉県宮代町で初雪舞う 午後3時前、雨粒が白く変わり、初雪。舞うというよりは、水分が多く降るという感じで、15分ほど。芝生の上にはうっすらとベールも。自動車には小さなツララも。
宮代NOW調べによる宮代町の初雪は次のとおり
2008年01月17日
2009年01月24日
2010年01月13日
2011年01月16日
2012年01月20日
12月19日 南国の花・ハイビスカスが開花 19日の宮代町は冷たい雨の一日。久喜アメダスは最低気温3.1度、最高気温6.7度。散歩は見送る。ということで、我が家の中からネタを探す。ありました。今夏手に入れた南国の花・ハイビスカスが咲いてくれました。ネットで検索して見ると12月に咲いていることもあるようですが・・・。
12月18日 シラコバト 宮代町 モズを目で追って木の枝を見たら・・・・。天然記念物。埼玉県のキャラクター・コバトンのモデル、埼玉県の鳥「シラコバト」ではありませんか。宮代町では比較的良く見かけていたが、ここしばらく出会えないでいた。それが、突然の邂逅。良かった。
12月17日 2013年みやしろ大学が閉講 宮代町の生涯学習講座「みやしろ大学」は17日、2013年度の最終講座を行い閉講した。最終講座は角本陽一氏による「笑いと感動で人生を開く」。全8回の講座のうち6回以上に出席した59名に、吉羽学長(教育長)から修了証が授与された。なお、2014年度の「みやしろ大学」は来年4月開講予定。
12月16日 四十雀(シジュウカラ) おなじみの鳥。自治体の鳥となっていることも多い。姿かたちもよく、鳴き声も愛らしく、人懐っこく愛される鳥なのだろうか。でも、どうして四十雀と書くのか、この鳥に出会うといつも思う。ネクタイをお腹の下まで伸ばし、頭はきっちりと整髪し、顎鬚もきっちりと・・・。そんな実直な40がらみのジェントルマンと重なるから、「四十雀」かなーと自分で勝手に思っている。
12月15日 日本工業大学BJPフルバンドジャズオーケストラが定期演奏会 日本工業大学BJPフルバンドジャズオーケストラは15日、学友会館で定期演奏会を開催した。学生をはじめ、OB・OGや近隣の住民などが訪れ、若さあふれるJAZZを楽しんだ。BJPは学内はもとより、宮代町民まつりなど宮代町のイベントなどにも積極的に参加、学内外に多くのファンを持つバンド。
12月14日 宮代町はJAZZのまち クリスマスJAZZ LIVE at 進修館開催 宮代町在住あるいは出身のジャズメングループが競演する「クリスマスJAZZ LIVE at 進修館」が14日、宮代町コミュニティセンター進修館で行われ、満員の観客はその演奏によった。明日15日には、日本工業大学のBJPフルバンドジャズオーケストラが定期演奏会を予定しており、今日・明日はJAZZのまち・宮代となる。「クリスマスJAZZ LIVE at 進修館」の出演したのは、、「JAZZ DAYかすかべ」など春日部市を拠点に活動を行なっている「Dream Swing Kingdom」のうち、宮代町に関連したメンバーを中心とした「Combo 」宮代町のベテラン演奏者らで新結成した「ポコ・ア・ポコ」の2バンド。すばらしい演奏に会場を埋めた満員のJAZZファンも手拍子をうったり、からだを揺らして楽しんでいた。なお、明日15日には、日本工業大学BJPフルバンドジャズオーケストラが定期演奏会を日本工業大学学友会館で予定している。開演は午後2時からで、入場は無料。誰でも鑑賞できる。
12月13日 寒い カイツブリも日向ぼっこ?! 古利根川(宮代・杉戸) 古利根川沿いを散歩しているとカイツブリに出会った。水鳥を見ていて、いつも不思議に思うのだが、冷たい水にもぐって寒くないのだろうか・・・ということ。本日の宮代地域の最低気温は-2.8度。今季最低。寒くないのかなあーカイツブリが泳いでいると、バンが川面を飛び跳ねるように走っていく。まさか、あんな運動で身体を暖めて(?)いるわけではないだろうが・・・・。と、何を思ったか、カイツブリも羽を広げて・・・まさか、バンjと同じように、運動して暖める(?)つもり・・・・。と、思ったらやはり、止めた。そのまま、泳いできて、ゴミの山を見つけたカイツブリゴミの山に飛び乗って、日向ぼっこ(???)。抱卵のために巣にあがることは見かけるが、こんなに無防備なところに・・・。水に濡れた身体を乾かして暖まりたかったのかなー。
12月12日 スズメの群れ スズメの減少が言われているが、宮代町を散歩しているとスズメの大きな群れに出会うこともあるので、減少を感じることは少ない。今日も100羽ほどの群れに出会う。その鳴き声に誘われてカメラを向ける。
12月11日 動態保存SLのメンテナンス 日本工業大学 日本工業大学工業技術博物館に動態保存されている蒸気機関車のメンテナンスが行われていた。1891(明治24)年に英国で製造されたSL、120歳を超えて動態保存するには綿密なメンテナンスが必要。技術者が念入りに点検・整備を行っていた。
12月10日 「特定秘密保護法の撤廃を」 宮代町議会が意見書を可決 宮代町議会は10日、本会議を開き、議員から提出されていた「特定秘密保護法の撤廃を求める意見書」について審議を行い、賛成多数で可決・採択した。
詳細は、こちらのブログ(宮代NOW 出来事編)をご覧ください
12月09日 冬の到来を告げる使者・ツグミ 思い思いの柄のセーターを着て冬の野に立つツグミ。私は勝手に「冬の到来を告げる使者」だと思っている。冬鳥は色々いるが、セーターに黒っぽい茶色のコートをまとった姿はまさに冬のスタイル。今年は、私にとって今日が初めての出会い。この時期のツグミは、人の姿を見るとすぐに飛び立つことが多いが、今日は動かない。美味しいご馳走を前にしては、少々の危険も覚悟と腹を決めたか?
12月08日 イルミネーションに灯が点る 宮代町 宮代町の年末年始の夜を彩る、町民手作りのイルミネーションと全国の桜を愛する人たちから支援(ふるさと納税)を受けている桜並木のイルミネーションに8日、子どもたちのカウントダウンで灯が点された。このイルミネーションは来年1月13日まで点灯され、宮代町を温かく包む。点灯式は宮代町役場庁舎に隣接するスキップ広場で行なわれ、町内の音楽グループらがミニライブを開催してムードを盛り上げた。午後5時過ぎ、子どもたちが手作りのイルミネーションを点灯。これと共に、日本工業大学学生や町民等が手作りしたイルミネーションに灯が点り、スキップ広場を彩った。また同時に、市民がオーナーとなって植樹し、全国の桜を愛する人々からの善意(ふるさと納税)で、守り育てられている中須用水沿いの桜並木もイルミネーションの花を咲かせた。これらの木々には願い事の桜の花びらも飾られ、一足早い、春のムードとなっている。
12月07日 シロバナタンポポ 宮代町 散歩していると、西洋タンポポの黄色い花の中にシロバナタンポポ。この時期、この花に出会うとなぜかホッとするようになった。最初に宮代町で出会ったときにはギョッとしたが、今ではホッとする私・。うーん・・・・・。
12月06日 ハクセキレイとヒドリガモ 古利根川にて 古利根川の遊歩道を散歩していると、ハクセキレイとヒドリガモの面白い場面に遭遇した。以下はその模様。
12月05日 「星にねがいを」ツリー登場 宮代町・進修館 12月。クリスマスソングが聞こえてくる時期となったが、宮代町コミュニティセンター進修館には恒例の「星にねがいを」ツリーが登場した。訪れた人たちが、備え付けの星に様々な願いを書いてツリーに吊るして飾るというもの。「福祉の店・喫茶ぶどうの樹」で、ゆっくりとひとときをすごしながら・・・、というのはいかが。
12月04日 こころをつなぐ展示会 宮代町 12月3日から、宮代町役場庁舎1階のロビー・ホールで、障がい者の方が作った作品や、町内で活動する障がい者団体の皆さんのPR展示「こころをつなぐ展示会」が開催中である。これは、12月3日から9日までの「障がい者週間」に合わせて行われているもの。障がい者や活動への理解や関心を深めてもらうことが狙い。
12月03日 ヒドリガモ 古利根川(宮代町・杉戸町) 今日は水鳥。冬の古利根川ではカルガモと並んでよく見られる鳥。この鳥がやってくると古利根川も冬の装いとなる。警戒心の強く、あまり近づくことできないが、雄の羽は美しく、慣れてくると色々な表情を見せてくれて、楽しく観察できる鳥でもある
12月02日 カワラヒワ 今日も鳥撮り。木の下で待つ。やってきたカワラヒワが餌をついばむ。しばらく遊ぶが、餌に夢中で、美しい羽を見せてくれそうにないので、場所を変える。美しい羽に出会ったが、ちょっと遠い。
12月01日 ウグイスでしょうか 鳥に目が慣れていないのか、なかなか小鳥を見つけられないので、今日は、じっくりと鳥たちが出てくるのを待つことにした。で、出てきてくれたのが、この写真。ウグイスでしょうか。ちゃんと確認できないまま、藪の中に隠れてしまいました。シャッターを押せたのもこの一枚だけ。

前月《==== 2013年12月 ====》次月

宮代NOW

今日の一枚バックナンバー